03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

わいるど・ちゃいるど

本流のフライ・フィッシング!”なんちゃってスペイ”で九頭竜川のサクラマスを狙うのがライフワーク?そんなに釣れない釣りバカ日誌

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

オンラインショップ開設いたしました。 

Posted on 00:00:00

この度、イギリス(英連邦軍)をメインとしたWW2ビンテージミリタリー&リエナクトメント
専門のオンラインショップD-カンパニーを開設いたしました。
当時の実物1点ものから欧米リエナクトメーカーの精密リプロの輸入販売やオリジナル商品なども少しづつ製作していく予定です。
ご興味のある人はTOPにあるバナーからご覧ください。

スポンサーサイト

△page top

ヴィンテージ・ミリタリーブーツ 

Posted on 00:00:00

先日、アメリカのイーベイでこんな靴を発見しました。

合衆国ガバメント御用達(たぶん)の1964年1月製造のミリタリーブーツです。
くるぶしまでのハーフタイプでトゥカップ付、靴底はオフロードタイヤで有名な
BFグッドリッチ製オールラバーです。
スタイルは、レッドウィングなどにもよくあるタイプでアメリカの鉄道員が
履いていたレイルマンシューズに似ています。
靴ひもも通していない新品のデッドストックでサイズも8Rで約26cm。
これは、いけると思い即ゲットしてしましました。

それが、航空便で届いたのでムスタングペーストという革用のオイルで磨いて
ひもを通して履いてみたところピッタシでした。

一生付き合えるアイテムになりそうです。ヽ(^◇^*)/

boot.jpg
ひもも通していないデッドストック!



boot2.jpg
8Rのサイズと1964年1月製造を表す刻印



boot3.jpg
部屋の中で靴・・・・・欧米か?

△page top

マイ・オークションよりA-2フライトジャケット! 

Posted on 00:00:00

A-2ltd
AvirexのVintage LimitedシリーズのA-2


襟元
初期型の細かいディティールも丁寧に再現されております。


A-2フライトレザージャケットは、1931年に、米国陸軍航空部隊に採用された、ライトゾーン(10℃から20℃)用のフライトジャケットであり、 A-1を原型としながら、フロントにファスナーを採用したり、襟にドットボタンをつけたりと、独自の改良によって、防寒性と機能性が格段に向上している。
映画「大脱走」のスティーブ・マックィーンや「眼下の敵」のグレゴリー・ペックまた近年では「パール・ハーバー」などでの着用シーンが有名です。

△page top

2007松島基地航空際 

Posted on 00:00:00

連日暑い日が続いてますが、昨日の松島も暑かったです!、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)
というわけで東北は仙台の少し北の航空自衛隊松島基地に出店してきました。
当日は晴れて気温もグングン急上昇でした。今回は合間をみて多少写真を撮ってみました。
が、携帯なのでかなりボケてます。Σ(゚Å゚)


ブルー2
航空際の花形ブルーインパルス


ブルー1
妙技を得とご覧あれ!


会場
格納庫まえの様子(来場者)


matu1.jpg
駐機中のF4ファントムの後方上空で背面飛行


当店
星条旗が目印の当店です。主力商品はミリタリーサープラス&
米軍実物DOG-TAG 認識票←当日買い損ねた方はこちらからぞうぞ!


終了
午後3時をもちまして航空際は閉会です。
次回は、9月9日茨城の百里基地に出店致します。おじぎ

△page top

記念艦 みかさ 

Posted on 00:00:00

8月に入りまして連日暑い日がつづいております。
本当に暑くて猛暑わけございません ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
って感じですが、そんなある日三浦半島方面に行ったのですがファミリー海水浴客でゴッタ返してます。横浜方面に帰る途中に横須賀のみかさ公園に立ち寄り明治時代の連合艦隊旗艦みかさを見学してきました。

日露戦争の日本海海戦で東郷平八郎司令長官指揮の連合艦隊とロシアのロジェストヴェンスキー提督率いるバルチック艦隊、ニコライ・ネボガトフ提督率いる第三太平洋艦隊の主力艦隊同士が対馬沖で正面から激突した史上初の大海戦であります。
この海戦の勝敗を決定つけた東郷司令長官の戦術T字戦法(敵前大回頭)は後に「トーゴー・ターン」とよばれ世界の海軍に手本とされあまりにも有名です。
この海戦でロシア艦隊は戦力の大半を失い文字通り全滅となった一方、日本側の損失は軽微で、「海戦史上極めてまれな完勝」となった。当時後進国と見られていた日本の勝利は世界を驚かせ、ポーツマス講和会議への道を開くことになる。

ということで日本人として近代日本の歴史の一部分を知ることが出来ました!。


みかさ艦橋.jpg
日本海海戦時みかさ艦橋で指揮をとる東郷指令長官


mikasa1.jpg
戦艦みかさ(記念艦)と東郷平八郎指令長官の銅像
愛用の双眼鏡はドイツ・ツァイス製


mikasa2.jpg
「記念艦みかさ」として保存されてます。


mikasa3.jpg
後部艦橋より右舷上甲板を望む


mikasa4.jpg
前部艦橋より艦首方向を望む



mikasa5.jpg
右舷の砲座


mikasa6.jpg
艦内の海戦時ジオラマ展示物


mikasa7.jpg


mikasa8.jpg
ちょっと小さくて見難いですがマスト左側にZ期が・・・

m0z.gif

Z旗は国際信号旗で、その名の通りアルファベットのZを表し、一字信号では、「引き船を求める」または「投網中」(漁場で操業中の漁船が用いたとき)などの意味を持つ。
1905年(明治38年)日露戦争の際、旗鑑三笠に「皇国の興廃コノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ」の信号旗として掲げられ、日本軍はこの東郷司令長官の号令により奮戦して、帝政ロシアのバルチック艦隊を撃破した。その後、この故事にちなんで命運を分ける決戦の時に、「Z旗を掲げる」という慣用句が出来た。

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。