04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

わいるど・ちゃいるど

本流のフライ・フィッシング!”なんちゃってスペイ”で九頭竜川のサクラマスを狙うのがライフワーク?そんなに釣れない釣りバカ日誌

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

九頭竜サクラ3(63.5cm) 

Posted on 00:00:00

今シーズン、九頭竜川にて3本目のサクラマスが釣れました。
サイズは、63.5cmでした。

5月も、あっと言う間ゴールデン・ウィークもおわり、1週間ほど経ったある日。
出張先の金沢から福井県九頭竜川へクルマで向かう。途中国道の橋の上から遠くのポイントを見るとルアーマンらしき人影が二つプールのひらき辺りに見えた。
今年の九頭竜はサクラマスの溯上が例年より多く解禁当初から多くのアングラーで賑わっていて平日といえども各実績ポイントには釣り人の姿が絶えない。

お昼ごろには、そのルアーマンたちも上がるだろうとそのままクルマでポイントに向かう事にした。
そして軽い昼食といつものコーヒーを入れる。
ポイントには、すでにルアーマンの姿は無かった。中角水位計は50cm~60cm位を行ったり来たりか!。大水などで川底の形が変わり以前より実際の水量は多いようだ。
以前は、50cm以下の水位になったらウェットフライがいいと聞いていたが、今はもっと
ローウォーターになった時の方が良いようだ。ゴールデン・ウィークごろは気温も暑かったけど、また少し寒くなった。この水位と濁りではやはりストリーマーかと思い。
いつものCND・Bスペイ14fにインタミライン。
リーダーにチューブフライを結ぶ。そしてダブルスペイキャストで釣り下る。

そして中ほど流芯の脇でゴォン・ゴォン・ゴォン・・・・・・・。
まさか!のシーズン3本目の九頭竜サクラが来てしまった。

1本目、2本目の時より落ち着いてファイト出来た。
余ったラインもキレイに処理して、上流の脇の緩いバンクに誘導。
2本目より大きい魚だ。
最後の抵抗の後、魚が岸を向いた瞬間!一気にスーッとズリ上げ、ランディング。
先日、友人からもらったメジャー(すぐに使えるとは!)をあてて見ると63.5cmの
堂々としたサクラマス。

よーし、やったー!。こころで思った瞬間です。

しかし2本目の時にも思ったが、まさか自分がシーズン3本目のサクラマスを釣るとは
夢にも思わなかった。

サクラマスは、本当に不思議な魚だ。
フライフィッシングの対象魚としては最高に美しい魚です。

九頭竜サクラ3-3
この面構えで釣り人を睨みつけるサクラマス


九頭竜サクラ3-2
本流の魚は、美しい


九頭竜サクラ3-1
威嚇のためフライに襲いかかったのか。
saku3-4.jpg
スポンサーサイト

△page top

九頭竜サクラ2(53cm) 

Posted on 00:00:00

4月の最終ラウンドを九頭竜川か神通川か・・・!
九頭竜川は、前回釣った時より水位が落ちてやはりこの時期特有のシロカキの濁りが入ってきた。
この状況だと流芯の奥の深場にサクラマスが入って、そこをピンポイントで狙えるルアーには良いが、フライでは届かない。もし届いてもフライがポイントを上手く泳がない。
案の定、対岸のルアーマンが連続ヒット!している。
翌日は、朝から予報通りの強風と雨で嵐のようで釣りにならず。
神通の様子も気になっていたので富山の友人宅に泊めてもらい晩飯(お刺身と酒)をご馳走になり、しばし休息・・・友人はありがたいです。<(_ _*)>

翌朝、雨も止み風もおさまっている。
ネットで両河川の水位を確認、やはり神通はまた水位が上がりダメと判断。
そして九頭竜の水位は上がっているが、思ったほどではなく。
むしろその水位は、ストリーマーの釣りに適した水位に上がったと思い、急きょ富山から高速で福井に直行!スーパーでお弁当を買いポイントに着いたのは、10時半ごろか?
釣友H氏のクルマも既に置いてあり早朝から釣りに出ているようだ。
いつものようにコーヒーを沸かし、ちょっと早めの昼食すませて1日そのポイントで粘ろうと思っていた。
そして、チューブに巻いたストリーマーにタイプ3のラインをセッティングしてプールのアタマからWスペイ&スイングで釣り下る。
1流し目の後半に差しかかり、ひらきでゆっくりスイングするフライの心地よいテンションを
グリップから手に感じながら、もうすぐスイング終了と思っていたその時。
来た!ゴン、ゴンゴンッ!。
あの時と同じ衝撃が水面に刺さったラインからロッド、そして手に伝わる。
ロッドを沖に寝かせて余ったラインを巻き取ると、またもやマーキスのクリックドラグが、
ジッ、ジジジィーーと、間違えない!やっぱりそこに居た。
しばらく抵抗したが、そのうちスーっと上流に上りはじめた。これもサクラマス特有の動き?とか。
テンションが弱まらないようにリールを巻きながら岸に上がり前回のようにずり上げられそうな場所に誘導する。
岸が見えたのか魚が激しく最後の抵抗らしき動きを見せた。
笹濁りの水中からギラっ、ギラっ!と魚体がロールしているのが見えた。

至福の時です。

ハリのかかりどころも良いのでアタマが岸を向いた瞬間。
一気にずり上げぇーっと!。
ランディングに成功。
メジャーをあてると53cm(前回の66cmよりサイズダウンだが)の綺麗な流線型のサクラマス。

やった!
この九頭竜川でワンシーズンしかも1カ月も経たぬ間に自分が2本目の4月のサクラマスを
ゲットできるとは、夢にも思わなかった。
クルマに戻って昼食中のH氏にTELしたら、わざわざ中州を渡って写真を撮りに来てくれる
と言う。ありがとうございます。m(_ _)m

自分が苦手な右岸からのストリーマーの釣り。

富山から高速使って戻って来たかいがありましたわぁ!。


saku04282.jpg
真昼の出来事!


saku04281.jpg
銀色の流線型


kagamikasa3.jpg
北陸には、様々な観光名所がありますよ!

△page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。